PICK UP

2014.11.26


フリーダイヤル先進国とも言えるのがアメリカです。

1967年にAT&Tがフリーコールサービスを開始しましたが、その高い訴求力がすぐさま認知され、今や2300万番号に達するまでになりました。

電話番号が”1-800“、”1-888“、”1-877“および”1-866“で始まる番号が着信課金サービスの番号です。

そしてアメリカがフリーコールサービスを開始してから18年。

日本のフリーダイヤル・0120は、1985年に日本電信電話によって開始され、1999年にNTTコミュニケーションズによってサービスを引き継がれ現在に至ります。

その後、他社(KDDI,ソフトバンクテレコム、フュージョン・コミュニケーションズなど)も同じ着信課金のサービスを開始ししました。

しかし、開始当初は「0070」「0077」「0088」などで始まる番号が使われ、知名度の高い「0120」や「0800」で始まる番号が他社に割り当てられて使えるようになったのはしばらくたってからでした。

一般的にフリーコールを申し込みするには、初期費用や月額利用料が高いと思われがちですが、NTTコミュニケーションズ、KDDIの場合番号設定の工事費用(登録費用)が1契約につき1,000円(税抜)ですし、フュージョン・コミュニケーションズの場合500円(番号ポータビリティの場合0円)、ソフトバンクテレコムは0円です。

また月額利用料についても各社プランによって異なってきますが、いずれでも1契約2,000円以内ですむので導入に際しそこまでハードルが高いものではないかと思われます。

フリーコールの申し込みにあたっては、通常の0ABJ番号の電話回線が必須ですが申し込み後もその電話番号は同じ回線で併用することができるのです。

そのため、既存で0ABJ番号を持っていればその番号を使いながら、新たにフリーコール番号で着信をするということができるようになります。

上記のようにフリーコールはかかる費用に対しその利便性、効果は非常に大きなものだと言えます。

フリーコールの一番の特徴は、何と言ってもお客様から無料で電話が掛けられることですよね。

電話代がかからないだけでお客様は電話を掛けやすくなりますので、前向きにご検討されることをおすすめします。

導入することで、電話料金が高くなってしまうのではないかとお考えの企業様は是非お問い合わせください。

 

pic

 

オフィスライン(秒課金)TOPページはこちら

お問い合わせはこちら

  • 1秒課金のメリット

    1秒課金のメリット 今ご利用中の固定回線から電話をかけた場合、相手も固

    つづきを読む

  • 固定電話の料金比較/分課金・秒課金

    料金比較1 「分課金」と「秒課金」では通話料にどれくらいの差が

    つづきを読む

オフィス代理店募集!全国対応!初期費用無料!

  • フリーコール(0120)の活用術

    PAK85_callcentergirl1292500 フリーコールとは特定の電話番号にかけることにより、

    つづきを読む

  • 知らなかったフリーコール(0120番号)のはじまり

    pic フリーダイヤル先進国とも言えるのがアメリカです。

    つづきを読む

オフィスラインとは?|料金について|ご利用までのながれ|よくある質問|お問い合わせ
通話料削減ならオフィスライン|会社概要|代理店募集|個人情報保護について|オフィシャルブログCopyright©ADJUSTONE,Inc. All Right Reserved.
Adjust One
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋3-11-13 FORECAST飯田橋4F(旧ダヴィンチ飯田橋)
Tel:03-5211-3388(代表)
Fax:03-5211-3387
電気通信事業届出番号
A-25-13324